布団が干せない

意外と布団が干せないときってよくあるものです!
住まいが道路沿いで排気ガスや出ホコリがひどくて布団が干せないい
マンションの管理規約でベランダに布団が干せない
梅雨や秋の長雨が続いて布団が干せない
家の間取りの問題で布団が干せない
高齢になり布団を持ち上げる力がなくて布団が干せない

そんなさまざまな事情で布団が干せないときってよくあります。

しかし、布団は干さないと湿気で気持ち悪いですよね?
さらにダニやカビが原因でアレルギー症状を起こす子供たちも増えています。
なにより良い睡眠があってこそ健康で元気でいられます。

では、布団が干せない時はどうすればいいのでしょうか?

ほこりがひとくて布団が干せない

布団 干せない ほこり

今お住まいの住まいが往来の激しい道路沿いにある?
そうでなくとも都市圏にお住いの方は大気汚染など少なからず空気中のホコリは少なくありません。
ですので、せっかく布団を干してもかえってホコリが布団についてしまうことも多いのです。
とはいっても布団をほさないわけにはいきません。

布団を干すのはできるだけ短時間で済ませましょう

布団を干して日光に当てる時間
これに比例して布団に付いてしまうくホコリも増えます。
ですので、ホコリがひどい時に布団を干すならできるだけ短時間に済ませましょう。

実は布団を干す時間の目安は片面1~2時間で十分なのです。
なにも丸一日 布団を干す必要はありません。
片面1~2時間程度の干し時間でも布団は十分乾燥して気持ちよくなります。
でも、できるだけ天気の良い晴天の日を選んで布団は干してください。

布団に付いているホコリ、実はほとんどが室内に舞い上がったホコリなんです

布団がホコリっぽい?
そう感じて布団を干したいと感じる方が多いですが、じつは布団についているほこりの大部分は室内で舞い上がったほこりなんです。
ですから、布団を干している間にお部屋の掃除も併せて行いましょう。
掃除と共に部屋の換気も十分行っておけば、掃除の際に舞い上がったホコリを外に追い出すことが出来ます。

軽く掃除機を布団に当てるのも効果的

干した布団は湿気が取れれフカフカですが、外のホコリもたくさんついてきます。
そこで、軽く掃除機を当てるのも効果的です。
布団を干した時に付くホコリは布団の表面に軽く乗っている状態です。
布団をしまう前やベッドに置く前に、どこかで布団を広げて端から順番に軽く掃除機を当てる程度で十分です。
もちろん布団の表裏両面に掛けてください。

ホコリで布団が干せないからこそホコリをためないようにする

ホコリで布団が干せないからこそ布団にホコリが付かないように心がけましょう。
それには
こまめにシーツやカバーを取り換える
部屋の換気を心がける
ことが重要です。

マンションンに住んでおるので布団が干せない

布団 干せない マンション

マンションの場合管理規約で布団が干せないところも少なくありません。
干せないといってもベランダのバルコニーの外側や壁に掛けて干せないだけで内側には干せるところがほとんどだと思います。
でも、マンションのベランダに備え付けの物干しが壁に近くてお日様が当たりにくいです。
いくら「外から見えたら不細工だから普通の洗濯物と同じところに布団を干せ!」といわれても少々困るんですね。
でも、それ以外にも理由があります。
美観を損ねるだけでなく高層階から布団が落下すればとても危険なことでもありますからね。

布団干しスタンドを活用するのもおすすめ

マンションの場合、ベランダに設置されている標準の物干しではうまく布団が干せないことも多いです。
その場合はホームセンターなどでも販売されている「布団干しスタンド」の活用もおすすめです。
この「布団干しスタンド」狭いべ欄の中でも特に日当たりより場所を選んで設置してそこに布団を干しましょう。
ベランダの外枠から少し離れればマンションでも布団にきちんと日が当たります。


布団が干せない方の強い味方「布団乾燥機」と「布団掃除機」

布団 干せない 布団乾燥機
最近はなかなか布団を干せない方のために便利な
布団乾燥機
レイコップなどの布団掃除機(布団クリーナー)
がたくさん販売されるようになりました。

布団乾燥機

布団にこの布団乾燥機をセットすると中から温風を出して、汗や湿気を乾燥させてふわふわに仕上げてくれます。
またこの布団乾燥機だとダニにも効果的です。
4~5時間程度稼働させれば殺ダニ効果が期待できます。

布団掃除機(布団クリーナー)

最近よくテレビショッピングでも紹介されているのがこの布団掃除機(布団クリーナー)です。
普通の掃除機と違い、布団専用ですので
・叩きながら吸引する
・吸い込み口付近から紫外線が出てで除菌殺菌効果がある。
など嬉しい機能が付いています。

この布団掃除機(布団クリーナー)には布団乾燥機にはない魅力的な機能があります。
それは、布団乾燥機で死滅させたダニの死骸やカビなどを吸引できることです。
ですので、布団が干せない方はこの「布団乾燥機」と「布団掃除機」(布団クリーナー)を併せて使用するのがベストでしょう。

【布団が干せないときの裏ワザ】ドライヤーを使う

布団 干せない ドライヤー
あまり多用はできませんのであくまで緊急対策としてですが
布団が干せないときにドライヤーを使う
という手もあります。

ただ、ドライヤーは布団乾燥機を比べてあまりにもパワー不足なので、時間と手間もかかります。
また、ダニ退治効果もないことはありませんが、その非力さゆえにあまり大きな期待はできないでしょう。

ドライヤーで布団のダニ退治をやめておこう

確かにドライヤーの熱でダニ退治はできないことはありません。
しかし、ドライヤーは髪の毛を乾かすだけの設計であり、そもそも布団御ダニ退治のための長時間使用には耐えれない危険がありあmす。ドライヤーの長時間使用でドライや自身も高熱になりますし、火災の危険性もあります。

よくあるケースが、
朝起きたら身体のどこかに虫刺され刺されのようなものが出来ていて痒い
「これってダニ?」
そんなことになったらもう祖の布団が気持ち悪くて眠れなくなりますよね。
そこで布団あkン早期の無い方は慌ててドライヤーを長時間布団に当てってダニ退治をしようとします。
下手をせっかくの布団を焦がして穴をあけてしまうことあるんです。
そんな場合は次のコインランドリーで布団を干してダニ退治をする方法をおすすめします。
コインランドリーなら24時間開いてますしね。

布団が干せないときはコインランドリーに行く

布団が干せない方に重宝するのがコインランドリーの乾燥機です。
コインランドリーの乾燥機を使えば
短時間で乾く
ダニ退治できる
ふわふわに仕上がる
など自宅で布団を干すよりもたくさんのメリットがあります。

コインランドリーの大型乾燥機で布団がフッカフカになります

コインランドリー 布団 乾燥

「洗濯していない布団を乾燥機にかけてもあまり変わらないんじゃ?」
と考える方も多いともいますが、最近のこのコインランドリーの乾燥機ってあなたが考えている以上に進化しています・

人間は毎晩眠っている時にコップ1杯分の汗をかいていると言われています。
もちろんすぐに蒸発していきますが、蒸発しきれない分がどんどん蓄積していてしまいます・。
これが布団を徐々に重くしていき。羽毛布団の羽も潰れてボリュームが亡くなってゆきます。
いつのいまにか布団の寝心地が悪くなっていくのはこの蓄積された湿気が大きな原因です。・

今のコインランドリーの乾燥機は家庭用より大型のものが多く、熱風のパワーもかなり強化されています。
ですのでね後ことの悪くなった布団の隅々まで湿気を飛ばし、潰れた羽も起き上がるのでフッカフカに軽く仕上がるんです。
料金も乾燥だけですから数百円で済みます。

よく乾燥させるには短時間コースを2回(裏表入れ替えて)

布団を干せないときのまとめ

布団が干せないときの対処法は
布団を干すのは短時間で済ませる
マンソンで布団が干せないときは布団干しスタンドも活用
布団が干せないときはコインランドリーの乾燥機も重宝する
ことが有効だと思います。

しかし、どうしても布団が干せない方のお布団はできれば年に1度はプロのクリーニングもおすすめします。
プロの布団丸洗いはどっても気持ちよい快適な布団になりますよ!